研究室紹介

情報・知能コース

野本 弘平 研究室

  • テーマ:認知と感性の解析とそのヒューマンインタフェースへの応用
  • キーワード:認知,感性,知覚,理解,ヒューマンインタフェース
  • 分野:情報科学
  • 専門:ヒューマンインタフェース

研究室URL

http://hif-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/

業績URL

http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/100000260_ja.html?k=%E9%87%8E%E6%9C%AC

自己紹介

野本弘平

研究概要

内容

 ある環境の中での人間の行動は,その環境から発せられるメッセージに無意識に影響されています.私たちが身近な機器を使うときも,その機器から感じられる手掛かりと制約に無意識に従っています.つまり,私たちは環境や機器から得られる情報に基づいて私たちの行動を決めているのです.この情報は感性ルールによって選択され,認知的メカニズムにより処理されています.

 私たちが獲得した能力の内多くのものは,その能力を発揮出来るのに,どうしてそれが出来るのかについて本人にも説明出来ません.たとえば魅力あるものを見つける能力,知らない道での方向感覚,ものづくり分野における技能がその例です.これらの能力は感性ルールと認知的メカニズムにより果たされます.したがって,それらを理解すれば,住みやすく美魅力的な街を作ることも,使い手にとって安全で効率的快適な機械を設計することも可能となります.

 私たちの研究室では,実験を行い,その実験データに基づいて認知と感性を客観的かつ定量的に分析します.そして,人と環境,あるいは使い手と機械との新しい関係を提案します.

図解

図解

情報・知能コース研究室一覧

研究室紹介