研究室紹介

電気・電子通信コース

横山 道央 研究室

  • テーマ:ユビキタス健康管理システム『測って』『処理して』『飛ばす』
  • キーワード:光電脈波計測、回路設計、高周波無線通信
  • 分野:電気電子工学
  • 専門:半導体集積回路設計、高周波回路素子設計、 計測センサモジュール開発

研究室URL

http://ceyoko.yz.yamagata-u.ac.jp/

業績URL

http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/77_ja.html

自己紹介

横山 道央

研究概要

内容

「いつでもどこでも」健康管理するユビキタスシステムの開発

「測る」
LEDセンサで指尖脈波を測り、脈拍だけでなく血圧やストレスなどを推定・算出し健康管理に役立てるシステムを開発しています。パソコンやスマホ、ゲーム機などで日常の何気ない動作の中で、測っていることを意識させずに平常時の素の生体データを測って解析します。触れるだけで(タンジブルに)健康管理してくれ、必要な時に適切なアドバイスが得られるように開発中です。

「処理する」
測った信号を演算処理するICチップを自分たちで設計し試作・評価しています。断熱的論理回路技術という新しい方式で小型・超低消費電力で環境にやさしいエコシステムを目指しています。

「とばす」
ユビキタス健康管理システムでは高周波無線通信でデータをとばす事が必須です。そのためのアンテナや信号処理フィルタ、増幅器などを設計し小型で高機能な基板に実装します。

~「ものづくり」~
 企業との共同研究開発も行っており、社会に役立つシステムを自ら作りたいやる気のある学生さんに、自分で考え・設計し、自分で作って実験する「モノづくり」の基本を身につけてもらっています。

図解

図解

電気・電子通信コース研究室一覧

研究室紹介