研究室紹介

電気・電子通信コース

加藤 宏朗 研究室

  • テーマ:スピンを制御して新機能,超強力永久磁石の開発
  • キーワード:スピン,永久磁石,強磁場,ハイブリッドカー
  • 分野:数物学
  • 専門:物性物理学,磁性材料

研究室URL

http://i-physics.yz.yamagata-u.ac.jp/

業績URL

http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/100000047_ja.html

自己紹介

加藤 宏朗

研究概要

内容

   全ての物質は原子の集まりであり,さらに原子は電子と原子核か ら成り立っています.電子は電荷を持つだけでなく,微小磁石(スピン)としての性質も持っています.このスピンがどのように並んでいるかによって物質の性質は大きく変わります.
   本研究室では,種々の物質のスピンの状態を調べる研究や,強い磁場とスピンとの相互作用を利用して,物質の状態を制御することで,高機能な材料を作るための基礎研究を行っています.
   永久磁石とは,微小磁石であるスピンが全て同じ方向を向いて強く固まった物質です.しかし世界最強のネオジム磁石でも,その性能はまだ充分とは言えません.そこで我々は,地球環境問題への貢献も視野に入れたプロジェクト研究を展開しています.
   強い磁場や薄膜プロセスを用いてネオジム磁石の内部を原子レベルで制御することで,貴重なレアメタルであるディスプロシウムを用いずに高性能化させることを目指しています.これによってハイブリットカー駆動モーターのような高温環境でも動作可能な,小型で高性能な磁石が安価に供給できると期待されています.

図解

図解

電気・電子通信コース研究室一覧

研究室紹介