平成29年度優秀学生表彰

優秀学生表彰の授与  学科長 小坂哲夫

平成30年3月21日(水)に学位記授与式が11:00から米沢市営体育館において実施され,これに引き続き12:30から祝賀会がグランド北陽において開催されました.

この学位記授与式において,情報科学科から2名および情報科学専攻から1名が学生賞を授与されました.

また,祝賀会において,情報科学科・専攻独自の6つの学生賞および2つの学会賞が授与されました.

これらの賞を受賞した卒業生・修了生から,後輩や情報科学科を目指す人へのメッセージを寄せてもらいました.ここにそれらを紹介しますので,どうぞお読みになってください.情報科学科・専攻の学生視点での内容を知る事が出来ると思います.

 

鈴木 利佳

情報科学科優秀学生賞
情報科学科優秀発表賞

 この度は、情報科学科優秀学生賞、並びに、情報科学科優秀発表賞を頂き、大変うれしく思います。これも、私を支えてくれた先生方や仲間たち、家族のおかげです。
 大学入学前は、パソコンやプログラムに関する知識は乏しかった私ですが、情報科学科では、C/Java/Pythonなどのプログラミング言語や周辺知識について多く学ぶ事ができました。
 4年次からは正式に研究室配属され、研究が本格的に始まるため、 研究中心の生活になってきます。「研究」と聞くと、堅いイメージもあるかもしれませんが、実際にスタートするとやはり好きな分野の事をより深く学べるので、とても楽しかったです。
 また、情報科に限らず他学科の学生とも私的に関わることができ、 人間関係が広がり、楽しく過ごせました。
 先生と生徒の距離が良い意味で近く、質問や相談・ちょっとした雑談が気軽に行える点も、情報科学科の魅力の一つだと思っています。
 ぜひ、講義に真剣に取り組みつつ、友達ともめいっぱい楽しんで、オンもオフも大学卒業時に、最高だった!!と思えるような学生生活にしてください。それがこの学科では実現できると思います。



阿部 玄暉

情報科学科優秀学生賞

この度は,このような賞を受賞することができ,大変嬉しく思います. ご指導くださいました先生に感謝申し上げます.
情報科学科(2017年4月より現:情報・エレクトロニクス学科 情報・知能コース)というと,プログラミングというイメージがありますが,偏にプログラミングを勉強することはありません.
情報科学科では情報技術の基礎理論から応用までの幅広く学びことができます. 座学の講義,そして,プログラミングや実習といった実践的な講義を経て,幅広い分野の研究室の中から研究室を選択し,研究室に配属されます. 4年間を振り返ってみると,様々な分野の講義を受けたことが現在の私に繋がっていると感じます.
皆さんには,どうか最適化されず自分の興味を感じたことに臆せず挑戦してほしいと思います.その挑戦が必ず皆さんの経験値に繋がります.
皆さんの大学生活が充実したものとなるよう願っています.



海谷 光平

博士前期優秀学生賞
情報科学専攻優秀学生賞

この度は、このような賞をいただき、誠にありがとうございました。
私は情報科学科(2017年4月より情報・エレクトロニクス学科 情報・知能コース)に入学後、情報科学専攻に進学しまして6年間という長い期間山形大学で学ばせていただきました。私自身、この学科・専攻で情報系の分野で学びたいと思った理由は、やはり身近にPCやスマホなどで情報に触れてきたことが大きいです。これから情報・エレクトロニクス学科に入ろうと考えている人も多くは情報技術に興味があったり、何かしらのプログラムを作りたいといった人がほとんどではないでしょうか。
簡単に学科・専攻の内容に触れさせていただきますと、基本的に授業はコンピュータや情報技術の基礎、そして研究活動はそれら知識を使った応用的な分野に触れることができます。私の場合、近年流行している「IoT」の研究に携わらせていただき、沢山の知識・経験を得られたと感じています。
もちろん、大学は授業や研究だけを行う場所ではありません。私は授業や研究以外にも、サークルや自由な時間などで様々なものを得ることができました。研究活動では「考える力」を、サークルではかけがえのない「友人」を、自由時間に取り組んだ趣味では幅広い「知識」を得ることができました。それら一つ一つが私の礎になり、かけがえのないものとなっています。ですので、皆さんも大学に入ったらまずはいろいろやってみましょう。大学ほど自分のやりたいことを自由にできる場はありません。サークルやバイトに、授業・研究などの学び。様々なことを体験し、自分の価値観・得意なことを沢山見つけていってほしいと思います。



小関 健

情報科学専攻優秀学生賞

この度は栄誉ある賞を頂戴しまして、大変光栄です。
大学院は学部とは一味違い、学部から引き続き専門的な知識を身に着けるだけでなく、科学技術者・研究者として基本的な位置に立つための工程を通ることになると感じています。
具体的には、自身の分野に関連する先行研究について広く調査することが必要ですし、学会で自身の研究を発表したり、逆に他の研究者の発表から新たな刺激を受けたりすることがあります。自身が興味を持っている研究分野のことを新旧隅々まで調べて、その分野の開拓者として活躍する……って、なかなかあることではないと思いますよ。この知識の宝庫に触れるチャンス、そしてその宝庫に自分の名を添えるチャンスを、ぜひ一度体験してみてほしいと思います。
そして、知らないこと、わからないこと、新しいことに向き合ってください。それが私自身がこの大学生活を通じて知った最も大切なことであり、後輩となるみなさんに一番伝えたいことです。
本学科・専攻を志望してくれたみなさんが将来、魔法のような科学を創造してくれることを楽しみにしています!



早坂 美咲

工学部優秀学生賞
情報処理学会東北支部学生奨励賞



土田 早織

工学部優秀学生賞
電子情報通信学会東北支部優秀学生賞



宇佐美 智之

情報科学科優秀発表賞



当ページのトップへ戻る
学科ページのトップへ戻る